今頃韓流とは。

いきなり嵌まったんです。具体的には「主君の太陽」のコン・ヒョジン。

休みが明け、日常に戻る。

ゴールデンウイーク中はラジオ講座も休みなので

気分的に楽。ということは自分に合ってないのか。

 

高さ20数センチ、長さ1メートルほど幅40センチほどの

花壇というのもちょっと淋しいうちの玄関横のスペースに

暖地桜桃とかいう名前の、サクランボがなる木を植えている。

ネットで見つけたんだけど、高木150センチほどになると

あったから、それなら大丈夫と購入して5年ほどかな、

今や2階のベランダから手が届きそうなほどに成長。

(数年後、根っこのせいで花壇が決壊するに違いない)

近所の子どもがこの時期だけなついてくる。

こいつら野鳥と一緒。

 

で、今年もサクランボがなったので収穫して・・・大した量

ではないけど・・・先生に渡さない手はないとばかりに

お勉強会に持っていきました。

 

これはうちで採ったサクランボです。

どうぞ、食べてみてください。

 

これを韓国語で言いながら渡せば、今までのマイナスが

少しばかりは回復するのではないか。

先生にとって一番うれしいのは生徒の成長でしょう。

教科書の進み具合、文法はまだ助詞の

「가」「는」ぐらいまでだ。

 

이것은 집에서 딴 체리예요.

자,먹어 보세요.

 

もちろんグーグル翻訳も使って文章を作り、

それを丸呑みして授業前に先生のところへ。

「선생님,이것은 집에 딴 」

「집에서」

「ああ、집에서 딴 체리예요.자,먹어 보세요」

こんな短文でもやっぱり間違えた。

間違えたのは何より至近距離で話したことが原因だけど。

上がるのだ、近いと。

 

それでもまあ喜んでくれたようで、日本の桜で採れるんですか

なんて言うてはりました。ソメイヨシノ以外知らない?

そのまま食べようとしはったので、洗ってからにしてくださいと

言いました。

洗わず持って行ったからなあ。

 

先生と話した後、気分よくお勉強会から帰ったのは珍しいかも。

うーん、やっぱり韓国語で話しかけるのが正解か。