読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今頃韓流とは。

いきなり嵌まったんです。具体的には「主君の太陽」のコン・ヒョジン。

いじわるされるからますます好きになる

次の授業の時にテストをすると言われたから、

おもしろがって予想問題を作った。

単語の発音を書くというテスト。

なぜこの単語を出題したのかという推定もつけて。

 

授業の最初にテストをすると言う。珍しい。

今までは授業の終わりにやってたのに。

「教科書とプリントから、パッチムと二重パッチムの単語・・」

プリント?二重パッチム?? 

聞いてないよ~~

この聞いてないよはダチョウ倶楽部のギャグではなく、

本当に聞いてない。

先週教科書43、44ページのパッチムのある単語の中から

出しますと、はっきり言ったんだから。二重パッチムも不意打ちだ。

私の予想問題は教科書からしか予測してない。

すでに間違ったじゃないか。予想が当たったからどうという

わけじゃないけど、まさかテストの範囲を教えず増やすとは。

これはミシル様降臨ではないか!

あまりのことに笑うしかなかった。

テストといっても昇級試験とか今後に影響するとかいうものじゃ

ないけど。

にしても、ここから出すと言いながらそれ以外の範囲から

出しますか、普通? もうたまらん、おっさんメロメロだわ。

テスト終わったらまたもや初めての試みで、いつもならそのまま

答案用紙回収するところだけど、今回は

「自分で採点してください。ごまかしてないかは、皆さんの良心に

 任せます(にやり)」

良心がないのはそっちやん! 思わず言いましたよ。

「プリントのことですか?・・復習してるんじゃないんですか?」

笑いこらえながら言うてはるんです。

ミシル様になんの文句がありましょう。

 

その後は普通の授業。

前回の授業の後、ラブレターを渡していた。

「連音する」とは言いません、「連音化する」です。好きです

 

好きですの後にちゃんとハートマークまでつけて。忘年会のときに

読んでくれました?と聞いたら、

「読みました。ずっと言ってたからわかってるんですけどね・・」

で、授業が始まって、

「ここが連音化します」とボードに書きながら、

ちゃんと連音化と言ってくれた。

あ、言えた!と思わず声を上げたら、手を止めて少し笑って振り向い

て、生徒に向かって

「連音化、“化”っていりますか?」みんなに聞くんか!

なんて意地っ張り。韓国では化はつきませんでした、なんだとか。

連音と使うときは名詞で動詞としてなら連音化・・・いるよね、化。

先生、韓国に帰したくないわ。鎖国って無理なんかな。。。