読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今頃韓流とは。

いきなり嵌まったんです。具体的には「主君の太陽」のコン・ヒョジン。

鶴橋へ

大した理由もなく、天気がいいからというだけで

鶴橋に行ってきた。

雨の中わざわざ行く必要もないからというのは

行く理由にはなってないな。

新大久保が東の韓流の聖地だとしたら、

鶴橋は西の聖地と言っていいかもしれない。

と思って検索してみたら、韓流・西の聖地ではないみたい。

韓流というより在日韓国、朝鮮人が一番多くいるところ。

私が生まれる前からそうだったはず。

地下鉄鶴橋駅からJRの方に出て、鶴橋商店街は道路の向こう側。

昼間ということもあるのか、それともこっちの方はあんまり人気が

ないのか、開いてない店が多かった。

 

ボクシングの世界チャンピオンだった徳山昌守の店発見。

テレビで見たぞ、あんまりはやってなくて困ってるとか

いうようなやつ。まだあるということはちょっとは儲かってる

んだろうか。昼間だったからか、閉まってたけど。

 

もう一度道を渡って駅まで戻り、駅から遠ざかるように歩いて、

気づいたら韓流スターのグッズの店があちこちに。

入ってみたけどお客は若いお姉ちゃんばっかり。

平日の昼間におっさんがうろついてる方が変だ。

IUのカレンダー(今年の)なんかが目に入ったけど、

そういうのが欲しいとは思わない。もう10月やし。

そそくさと出て、お昼ご飯食べるとこ探す。

駅前で今日のランチ、カレー500円なんてのがあったけど、

韓国のものを食べるつもりだったので安いを基準にはしない。

 

が。

 

おいおい、ランチらしきものは1000円前後ではないか。

お昼ご飯に1000円で、夜の食材がそれ以下の値段ではディナーに

失礼ではないか。

食事担当のものとしては(チャングムと同じと思ってもらってよろし

い)、昼ご飯はせいぜい600円ぐらいで済ませたい。

けどそんな店、ないわ。計ったように1000円前後だ。

うろついてる間に韓国のいろんなもの扱ってる店の入り口にCDが

あるのを見つけたので、店の人に童謡のCDありませんかと聞いた。

探してくれたけど見つからず。

ないもんは買えん。

店の中うろうろしてたら、絵本みたいなのがあった。

子ども向けの絵本かと思ったけど、童謡が30曲入ってると言われ、

それなら買いましょう。

1800円。うーん。

新品だそうだけど、食材なら期限切れというぐらいには置きっぱなし

のような。本はまけられません、儲けがないんですとおっしゃる。

しゃあない、ここは定価で。値札のシールを家で剥がすと

12,000원と印刷してある。聖地じゃないな。1000円ほどで

はないか。

聖地でうそやはったりはかまさんだろう。

とはいえ輸入したものなら、タンカー代かジャンボジェット代で輸送

費もかさむと思えばコン・ヒョジンのご本、定価12,800원を

ネットで2700円ほどだったかな、それよりははるかにましだな。

紙袋に入れてくれた。よく見たら資生堂のやつではないか。

真昼間から資生堂の紙袋を下げたおっさんが繁華街をうろうろか。

 

お腹も減ったし買い物もしたのでとにかく昼ご飯。

韓国料理は1000円前後という決まりのようだから、どこでも

同じと思って890円の味噌チゲの定食。

どういうわけか外のメニューとは違って900円になってる。つまり

聖地ではないってことだ。やっとわかった。

お二階へご案内。おばはん3人組が大きい声でしゃべってる。

奥にいるのは一人で来てるおばさん。

味噌チゲはあんまりお勧めではないな。

チゲとは鍋のことで、日本語で言えば味噌鍋だ。入ってたのが

アサリに豆腐、野菜少々。ん?と思ったのがズッキーニ。要するに

みそ汁だ。

他にキムチ、もやしのナムル、塩サバ(2センチほどのが2切れ)

に、もう一品あった。これで900円かあと思ってたらコーヒーは

いりますかと聞かれた。メニューにはなかったけどついてるらしい。

はいと答えると「ブラックですか?」

確かに苦み走った感じからそう思ったかもしれないけど、医者には

糖尿と言われています。薬で数値、正常の範囲です。当然砂糖入り

で。むしろ、コーヒー味の砂糖水でよろしい。

コーヒー、紙コップでお出まし。競艇場か。瓶や缶で販売したら

そのまま投げるヤカラがいるとかで、紙コップなんだとか。

ほんとかなあ。あそこは瓶や缶より銭投げ捨てるとこですわなあ。

 

昼ご飯食べる店探してうろうろしてたら「나쁜 남자」という名前の店

があった。ナップンナムジャ。般若心経の韓国語版ではない。意味は

悪い男。ドアが開いてたから中を見てみたら、確かにナップンナム

ジャ風の兄ちゃんが働いてた。客は妙齢のイェップニョジャたちばっ

かり。(妙齢=30代から6、70代としておく)

お値段がちょっとお高めのよう。

後で文句言うても戦ったら勝てそうにないのでイェップニョジャさん

たちに囲まれての食事は諦めた。

一人で行っても、さほど欲しいものがないからそんなに楽しくはあり

ませんでした。気が向いたらまた行ってみようとは思った。