読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今頃韓流とは。

いきなり嵌まったんです。具体的には「主君の太陽」のコン・ヒョジン。

世の中はいつも猫だからぁ・・・

録画してからひと月ほど放置してた「明日へ」という映画。

韓国のとあるスーパーであった実話を元にした、なんというか、

日本にはもうほとんどない話となってしまった、組合運動を描いた

作品でした。

韓流ドラマでも映画でも、時々組合の話があったりする。

「アッセンブリー」なんかは組合活動家が国会議員になってた。

「ビッグマン」なんていうドラマはそこらの兄ちゃんが社長に

なる話だった(ような気がする。韓流ドラマの定番“記憶喪失”は

見てる方もよく起こる)けど、あれも働く人の淡い・・甘い?・・

希望をかなえてたなあ。一般からいきなり社長さんになるような

お話はどうも庶民の側に立った?営業方針になるようだ。

社会主義の未来は明るい、みたいな感じかな?

小馬鹿にしなさんな、資本主義で資本持ってなかったら体のいい奴隷

やからね。奴隷ゆえに資本持ってる方におもねるおっちょこちょいが

いっぱい出てくる。組合活動するようなやつは赤だ。けど、

もうそんなもん日本にはないから、民進党が赤呼ばわりだ。

あきれるような認識だけど、同じく朝日新聞も赤くて、下手すりゃ

今上天皇も。まああの人たちは在日認定かもしれないけど、

皇紀2600年ほど前なら日本も韓国もあるもんか、ですからね。

あっちとこっちではDNAが違うらしい。

DNAが違っても血は混ざってると思うけどなあ。

ごくごく薄いから、それはいいのか?

 

自分が何者かに興味がある方は、何より先ず資本持ってるかどうか

そこから考えてみては? うわ、こんな表現使うとは。